皮膚科診療 (副院長 松田奈津子)

皮膚病は大変罹患率の高い病気です。生まれてから今までに肌のトラブルを一度も経験したことのない人はおられないと思います。当院でも新生児から100歳以上の方まで幅広い年齢層の皮膚科疾患を扱っています。当院ではレーザー治療など「美容外科的」な治療は行っていませんが、湿疹、にきび、とびひ、虫さされ、かぶれ、痒み、アトピー性皮膚炎、じんましん、水虫、ヘルペス、陥入爪、外傷、やけどなど種々の病気を対象とし、女性ならではの視点からきめこまやかな診療とアドバイスを行っています。