小児の頭痛

頭痛を訴えるこどもが増えています。

こどものストレスの増加、少子化や親の育児不安など種々の原因があるようです。こどもが頭痛を訴え続けると、脳の病気ではないかと親は心配になります。そういう場合、脳の検査を受けさせ、親がひとまず安心することが必要です。そうしないと、親と子の間でいつまでも心配のキャッチボールが続くことになり、こどもの頭痛は軽減しません。異常がないことがはっきりしたら、そこで落ち着いて頭痛の原因を考えてみましょう。

本当に自分の大好きな事、ゲームや運動もできないくらい痛んでいますか。最近何かきっかけになる出来事はありませんでしたか。何かをアピールしている可能性はありませんか。環境の変化はありませんでしたか。環境に適応できていない様子はありませんか。そのような精神的な原因でおこる頭痛を「心因性頭痛」といいます。小児の頭痛で最も多いのがこの心因性頭痛なのです。

このような患児は比較的従順でわがままを言わずに内面にストレスを抱え込む傾向があります。そのため、頭痛だけでなく、腹痛や腕や足や色んな部位の痛みを訴える事もあります。いくら検査をしても異常はありません。親と言えども子供のストレスの原因を探るのは容易ではありませんが、お子さんの「頭痛の種」がどこにあるのか、一度向き合って考えてあげてください。

一方、心因性頭痛でなく器質的な異常が発見された場合、早急にその病気を治療する事は言うまでもありません。よく見られるのが副鼻腔炎で、風邪の後やアレルギー性鼻炎のある子供に起こります。鼻閉感、鼻汁、前頭部痛などが特徴です。風邪による熱発や中耳炎、頭部打撲による痛みなど、小児の頭痛も原因は様々です。あまり続くようでしたら一度精密検査を受けられると良いと思います。