早期パーキンソン病の治療

当院で初めて診断される患者さんは、比較的早期のパーキンソン病の方がほとんどです。パーキンソン病はその病状の重さから5段階に別けられていますが、そのうちⅠ段階からⅡ段階の方が大半を占めますので、薬物による治療効果が十分に期待できます。もし胃腸症状などの副作用があった場合はご連絡ください。どのような薬物を用いて治療を行ってゆくかをご説明します。


ドパミン受容体刺激薬

パーキンソン病は脳内にドパミンが不足している病気ですので、それを直接補うのが最も理にかなっているのですが、長期に内服する場合は、副作用が少なく、半減期が長い(長時間効果がある)ドパミン受容体刺激薬をまず用います。間接的にドパミンを増やすお薬です。

  • 薬品名
    ミラペックスLA(胃腸障害が少なく効果が早いため使いやすい、効果時間が長い)、カバサール、ペルマックスなど
  • 投与法
    副作用が出ない様に始めは少量から始め、徐々に増量してゆき、約2ヶ月くらいかけて標準量にもっていきます。

L-ドーパ製剤

不足しているドパミンを補う薬です。やや進行した方や70歳以上の高齢者では初めからこの薬を使う事もあります。またドパミン受容体刺激剤が使いにくい場合や、単独では効果が不十分な場合はこのグループの薬剤を併用します。

  • 薬品名
    ネオドパストン、メネシット、ネオドパゾール、マドパー、ドパストンなど。
  • 副作用
    wearing off(ウェアリング オフ)
  • 現象:
    薬効時間が短縮し、内服後数時間たつと効果がなくなる状態。
  • 対策
    投与間隔を短縮したり、他のグループの薬を併用したりします。

その他のグループ

このグループの薬も症状によって併用することがあります。

  1. ドパミン遊離促進剤
    薬品名:シンメトレル(A型インフルエンザにも効果あり)
  2. モノアミン酸化酵素阻害薬
    薬品名:エフピー(Lドーパ剤と併用する)
  3. 抗コリン薬
    薬品名:アキネトン アーテン
  4. ノルエプネフリン前駆物質
    薬品名:ドプス(すくみ足に有効)