ごあいさつ(院長:松田 年浩)

当院は平成6年、脳神経外科と皮膚科(副院長 皮膚科医師 松田奈津子)の2診療科を有するクリニックとして開院し、以後地域に根づいた診療活動を行っております。

かつて脳神経外科は敷居の高い診療科というイメージがありましたが、当院を訪れている患者さんの症状は、頭痛、めまい、しびれ、頸椎症、物忘れ、頭部打撲、顔面麻痺、顔面けいれん(ボツリヌス治療認可施設)、不眠、てんかん、脳血管疾患の早期発見、治療や予防(高血圧症、高脂血症、糖尿病)など大変バラエティに富んでいます。脳腫瘍、クモ膜下出血など脳外科特有の病気の方が来られる一方で、地域のかかりつけ医として風邪や腹痛、福岡市特定検診など一般的な症状や血液検査で気軽に受診される方も少なくありません。

脳神経外科は決して特殊な科ではなく、とても身近な診療科なのです。この中でも当院は特に以下の項目を診療の柱として取り組んでいます。

松田 年浩

院長 日本脳神経外科学会専門医 医学博士
松田年浩

【所属学会】
日本脳神経外科学会 日本脳神経外科コングレス
日本間脳下垂体学会 日本頭痛学会