群発頭痛について

群発頭痛について

「群発頭痛」とは

数年に一度、ある一定の期間に集中して(数週間から数カ月)、連日のように(一日おきの場合もある)、同じような時間帯に(深夜や早朝が多い)耐え難いほどのきわめて激しい頭痛をきたす疾患です。

以下のような特徴があります。

  • 男女比は6対1で男性に多い病気です。
  • 平均群発期間は2カ月。平均周期は2年前後といわれています。
  • 群発期間中アルコールを飲むと必ず誘発されます。
  • 一側の眼窩部周辺、眼の奥が主に痛みます。
  • 痛みの程度は激烈で、「ナイフで目の奥をえぐられるようだ」と表現されることもあります。
  • 痛みの間はじっとしておれず、のたうちわまるような行動をとる人も多い。
  • 発作時には流涙、鼻閉感、鼻みず、結膜充血、顔面紅潮などが現れます。
  • 発作時の治療はトリプタン製剤の皮下注射、内服、純酸素吸入が有効です。
  • 中でもトリプタン製剤の自己注射は早期に治療できるため、特に有効です。
  • 純酸素吸入は毎分7リッター15分で効果が得られますがトリプタン皮下注射との併用が最も有効です。

「頭痛」関連記事

関連記事

  1. 起立後におこるつらい頭痛:「脳脊髄液減少症」

  2. 片頭痛の自己診断法(正しく診断して適切な治療を)

  3. 緊張型頭痛について

    緊張型頭痛について

  4. 片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」

    片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」

  5. 肩こりと片頭痛 -切っても切れないその関係-

  6. 女性と片頭痛

ピックアップ記事

  1. 子供のスポーツと脳震盪(のうしんとう)
  2. 子どもの頭部打撲「固いたんこぶ」「ぶよぶよたんこぶ」
最近の記事 おすすめ記事
  1. スマホと学業成績の関係が明らかに
  2. 猛暑の中の脳梗塞、救急車を呼ぶタイミング
  3. 認知症患者の不機嫌さと体調不良
  4. スポーツ顔面外傷の注意点
  5. 帯状疱疹後神経痛(PNH)
  1. 子どもの頭部打撲「固いたんこぶ」「ぶよぶよたんこぶ」
  2. スポーツ顔面外傷の注意点
  3. 帯状疱疹と顔面神経麻痺:(ラムゼイハント症候群)
  4. 子供のスポーツと脳震盪(のうしんとう)
  5. 「子供への虐待による外傷」の特徴を探る

記事一覧

  1. 高齢者の頭部打撲でおこる「慢性硬膜下血腫」について
  2. スポーツ顔面外傷の注意点
  3. 頭部打撲による「外傷性髄液漏」とは
  4. 子供のスポーツと脳震盪(のうしんとう)
  5. 「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族
PAGE TOP