パーキンソン病の診断

パーキンソン病は脳内にあるドーパミンという神経伝達物質が不足して起こる病気ですが、その根本的な原因についてはまだ完全にはわかっていません。
有病率は約1000人に1人ですが40歳以下の発症は稀で、中高年齢者に好発します。遺伝性疾患ではありませんが、40歳以下で発症した場合は家族性に発症する確率が高くなります。
血液検査やCT検査、MRI検査で異常はありませんので、専門医の診察により正確な診断を受ける事が大切です。その上で的確な治療を行い進行を防げば、十分に社会生活を続けていく事が可能な病気です。
パーキンソン病の症状にはかなり個人差がありますが、代表的な症状は以下のような症状です。


振戦

初発症状として最も多い症状です。手や足が細かく震えます。静止時には強くふるえますが、動作をしているとふるえが軽くなるのがパーキンソン病の特徴で、安静時振戦と呼ばれます。高齢者にみられる通常の振戦はその逆で、字を書くなど何かの動作をすると目立つのが特徴です。

 


固縮

筋肉の緊張が強くなり、手足の動きがぎこちなくなります。肘の関節を曲げたり伸ばしたりする動作がスムーズに行かず、ガクガクとした抵抗を感じます。


無動 動作緩慢

動作が遅く、動きが鈍くなります。顔の表情が乏しくなり(仮面様顔貌)、声が小さくなることもあります。書字が小さくなる小字症が現れる事もあります。


姿勢反射異常

治療を行わないまま経過しますと、身体のバランスがとりにくくなる事があります。前屈姿勢をとり、小刻みな歩行となり、腕を振らなくなります。
歩き始めに足が床に貼り付いたようになりしばらく足を出せない症状(すくみ足)や、歩き始めると次第に早足になり急には止まれなくなる症状(加速歩行)が出現することがあります。


自律神経症状、精神症状

便秘、排尿障害、起立性低血圧、睡眠障害(レム睡眠行動障害)、むずむず脚症候群、不安、抑うつ症状、うつ的な状況になる事もあります。パーキンソン病はもともと運動障害の病気ですが、最近はこの様な「非運動障害」が注目されています。

cartoon porn

早期パーキンソン病の治療

当院で初めて診断される患者さんは、比較的早期のパーキンソン病の方がほとんどです。パーキンソン病はその病状の重さから5段階に別けられていますが、そのうちⅠ段階からⅡ段階の方が大半を占めますので、薬物による治療効果が十分に期待できます。もし胃腸症状などの副作用があった場合はご連絡ください。どのような薬物を用いて治療を行ってゆくかをご説明します。


ドパミン受容体刺激薬

パーキンソン病は脳内にドパミンが不足している病気ですので、それを直接補うのが最も理にかなっているのですが、長期に内服する場合は、副作用が少なく、半減期が長い(長時間効果がある)ドパミン受容体刺激薬をまず用います。間接的にドパミンを増やすお薬です。

  • 薬品名
    ミラペックスLA(胃腸障害が少なく効果が早いため使いやすい、効果時間が長い)、カバサール、ペルマックスなど
  • 投与法
    副作用が出ない様に始めは少量から始め、徐々に増量してゆき、約2ヶ月くらいかけて標準量にもっていきます。

L-ドーパ製剤

不足しているドパミンを補う薬です。やや進行した方や70歳以上の高齢者では初めからこの薬を使う事もあります。またドパミン受容体刺激剤が使いにくい場合や、単独では効果が不十分な場合はこのグループの薬剤を併用します。

  • 薬品名
    ネオドパストン、メネシット、ネオドパゾール、マドパー、ドパストンなど。
  • 副作用
    wearing off(ウェアリング オフ)
  • 現象:
    薬効時間が短縮し、内服後数時間たつと効果がなくなる状態。
  • 対策
    投与間隔を短縮したり、他のグループの薬を併用したりします。

その他のグループ

このグループの薬も症状によって併用することがあります。

  1. ドパミン遊離促進剤
    薬品名:シンメトレル(A型インフルエンザにも効果あり)
  2. モノアミン酸化酵素阻害薬
    薬品名:エフピー(Lドーパ剤と併用する)
  3. 抗コリン薬
    薬品名:アキネトン アーテン
  4. ノルエプネフリン前駆物質
    薬品名:ドプス(すくみ足に有効)
black porn

サプリメントとは?見逃せない副作用

最近、日本もサプリメント王国となり、国内市場は5000億円と言われています。しかし、うたい文句の鵜呑みにしてむしろ身体に害を及ぼすケースが増えているのも事実です。東京都が医療機関に対して行ったアンケートでは、「サプリメントが原因で体調を崩したと思われる患者を診た事があるか。」という質問に対し、2割の医師がイエスと答えています。科学的根拠のないサプリメントによる健康被害者は確実に増えているのが実情なのです。

人間の身体は五大栄養素によって維持されています。ですから基本であるその栄養素が不十分なままで、肌にいいといわれるサプリメントを摂取しても無意味です。毎日の有酸素運動によってカロリーを燃焼させなければダイエットも成功するはずはありません。摂取するだけで健康になったりダイエットが成功する物質など存在しないのです。

食事や運動など生活の基本を整えた上で、どうしても不足していると思われる成分だけを適量摂取する。そういう賢いサプリメントとの付き合い方が求められているのです。そこで人気サプリメントの注意点をまとめてみました。

サプリメントの種々の害から身を守る参考にしてください。


ビタミン

2001年に厚生労働省がビタミン12種類を「栄養機能食品」に指定。厚生労働省の摂取量基準を守ればまず心配はない。摂取しすぎても多くのビタミンは水溶性であるため、尿と共に体外に排出される。ただしビタミンA、D, Eは脂溶性ビタミンなので過剰成分が体内に残ってしまうので注意が必要。

ビタミンEに関しては埼玉県生活科学センターの調査で、1日当たりの必要量を上回るサプリメント商品が多く、過剰摂取に注意を呼びかけている。米国心臓学会はビタミンEの過剰摂取が心臓による死亡率を高めていると報告している。

ビタミンCに関しては過剰摂取によって微量元素の銅の吸収を妨げたり、カルシウムと結びついて結石ができやすくなるといわれる。
体内でビタミンAとなるベータカロチンは、がん予防効果が強調されてきたが、過剰摂取により肺がんの発病リスクを高めることがわかっている。

ビタミンB2は過剰摂取によりうつ病を引き起こすというデータもある。


ミネラル

現代人に不足している栄養素で、食事では積極的に摂取する方が良い。しかしサプリメントによるカルシウムの摂り過ぎには注意が必要。1日4000mg以上を長期間摂ると、肝機能障害、便秘、結石などの障害をきたす。ミネラルは多すぎても少なすぎても良くない。サプリメントを飲む場合は「栄養機能食品」の表示に定められている摂取量を守る事が大切。


ポリフェノール

フランス人に動脈硬化が少ないのは、赤ワインに含まれるポリフェノールのためであるという説で有名になった物質だが、これも過剰摂取は害をもたらす。

ポリフェノールの一種であるイソフラボンについては食品安全委員会が、妊婦や乳幼児、小児への摂取に関しては安全性が確認されていないので「摂取しないよう」注意表示を行った。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとして作用するため、更年期障害や骨粗鬆症に対する効果があるとされる。しかし、過剰になると体内のホルモンのバランスを破壊し、いわゆる内分泌かく乱(ダイオキシンなどで知られる)を起こすというデータも多数発表されているので注意が必要。

お茶に含まれ、抗酸化作用、血液凝固抑制作用があるカテキンは摂りすぎると鉄の吸収を抑え、貧血を来たす可能性がある。

リコピン、ルテイン、アントシアニンなどは過剰摂取により便秘や吐気を来たす。


アミノ酸、その他

科学的に証明されているアミノ酸の効能は、疲労回復、免疫力アップ、肝機能サポートなどである。従ってアミノ酸自体に脂肪燃焼効果もなくダイエット効果もない。ダイエットのためにはアミノ酸摂取と共に十分な有酸素運動をしなくては効果はない。

アミノ酸入り飲料は糖分が含まれており、過剰摂取によりカロリーオーバーになりやすい。

血栓予防やコレステロール低下で知られるEPADHAも、食事で摂る範囲では積極的に摂取した方がいいが、1日3g以上摂ると、血液凝結能が低下しすぎ、出血を起こしやすくなる。

脳循環改善、心筋梗塞予防効果などがあるとされるイチョウ葉系サプリメントや食品はアレルギー物質であるギンコール酸が含まれており、湿疹や下痢などの健康被害が多く報告されている。

肝機能強化などで用いられているウコンはこれに含まれるクルクミンにより腹痛や頭痛が引き起こされるので過剰摂取には要注意である。


(参考資料・厚生労働省安全部報告事例、国立健康栄養研究所データ)

youjizz

ごあいさつ(院長:松田 年浩)

当院は平成6年、脳神経外科と皮膚科(副院長 皮膚科医師 松田奈津子)の2診療科を有するクリニックとして開院し、以後地域に根づいた診療活動を行っております。

かつて脳神経外科は敷居の高い診療科というイメージがありましたが、当院を訪れている患者さんの症状は、頭痛、めまい、しびれ、頸椎症、物忘れ、頭部打撲、顔面麻痺、顔面けいれん(ボツリヌス治療認可施設)、不眠、てんかん、脳血管疾患の早期発見、治療や予防(高血圧症、高脂血症、糖尿病)など大変バラエティに富んでいます。脳腫瘍、クモ膜下出血など脳外科特有の病気の方が来られる一方で、地域のかかりつけ医として風邪や腹痛、福岡市特定検診など一般的な症状や血液検査で気軽に受診される方も少なくありません。

脳神経外科は決して特殊な科ではなく、とても身近な診療科なのです。この中でも当院は特に以下の項目を診療の柱として取り組んでいます。

松田 年浩

院長 日本脳神経外科学会専門医 医学博士
松田年浩

【所属学会】
日本脳神経外科学会 日本脳神経外科コングレス
日本間脳下垂体学会 日本頭痛学会

ごあいさつ(院長:松田年浩)

当院は平成6年、脳神経外科と皮膚科(副院長 皮膚科医師 松田奈津子)の2診療科を有するクリニックとして開院し、以後地域に根づいた診療活動を行っております。
かつて脳神経外科は敷居の高い診療科というイメージがありましたが、当院を訪れている患者さんの症状は、頭痛、めまい、しびれ、頸椎症、物忘れ、頭部打撲、顔面麻痺、顔面けいれん(ボツリヌス治療認可施設)、不眠、てんかん、脳血管疾患の早期発見、治療や予防(高血圧症、高脂血症、糖尿病)など大変バラエティに富んでいます。脳腫瘍、クモ膜下出血など脳外科特有の病気の方が来られる一方で、地域のかかりつけ医として風邪や腹痛、福岡市特定検診など一般的な症状や血液検査で気軽に受診される方も少なくありません。
脳神経外科は決して特殊な科ではなく、とても身近な診療科なのです。この中でも当院は特に以下の項目を診療の柱として取り組んでいます。

松田年浩

院長 日本脳神経外科学会専門医 医学博士
松田年浩

【所属学会】
日本脳神経外科学会 日本脳神経外科コングレス
日本間脳下垂体学会 日本頭痛学会