脳神経外科

物忘れ外来 (認知症外来)

日本の高齢化現象は世界で類を見ないスピードで進み、それに伴って認知症の数も急激に増加しています。作家有吉佐和子がセンセーショナルな話題作「恍惚の人」を発表した昭和46年(1972年)、65歳以上の高齢化率はわずか7%でしたが、平成22年(2010年)には23%、平成2035年には30%を越えるとされています。認知症の発症率は85歳以上では4人に1人といわれていますので、全国では近い将来400万人を越えると予想されています。認知症は今の日本では特殊な病気ではなく、普通にみられるポピュラーな病気になったのです。 認知症はもちろん「病気」には違いありませんが、現実には患者さんと家族を大きな渦に巻き込んでゆく「重大な社会問題」でもあります。御家族が「何かおかしい」と気づいて専門医を受診するまで最低でも1年、通常は2年あまりかかっているという統計があります。現在は認知症に有効な薬も多く開発されていますので、進行する前に1日でも早く受診させ、適切な治療を受けさせてあげてください。(福岡市医師会認知症サポート医)

物忘れ・認知症 Q&A
【健脳作戦】認知症にならない脳を作ろう
認知症を理解して介護するための法則と原則

PAGE TOP