脳神経外科

頭痛外来

頭痛に苦しんでいる方は大変多いのですが、自己流で間違った薬の選択や飲み方を続けてしまい、その結果うまく痛みをコントロールできず我慢しながら生活している人が大半と言われています。頭痛持ちの方は脳神経外科医や神経内科医から正しい診断を受け、正しい治療を受けることが大切です。特に片頭痛の女性では正しい診断を受けていないために「薬物乱用性頭痛」になっている方を多く見かけます。たかが頭痛と思い放っておくと、脳の過敏性が増してこじれてしまい、治療が困難になっていきます。CT検査やMRI検査で脳内に異常がないことをはっきりさせて安心したうえで、そのあとの治療を適切に行なえば日常生活の質を確実に上げる事ができるのです。頭痛には片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛を始めとして多くの種類が知られています。きちんとした診断と適切な治療を行い、頭痛から開放されるための方針決定をするのが頭痛外来の役割です。 頭痛には一刻を争う命にかかわる頭痛と、命にはかかわらないけれども生活の質を大きく低下させる頭痛とがあります。前者は脳内の病気で、クモ膜下出血や脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎などがあり、それぞれの病気の臨床的特徴や症状、画像診断で診断することができます。後者は画像診断には現われてこない病気で、問診など専門医の診察で診断されます。代表的なものに片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。頭痛外来に来られる方のほとんどがこの後者のグループに属する方々です。実際には頭痛の種類は数百種類もあり簡単に語ることはできないのですが、ここでは最も頻繁に見られるこの三種類について簡単にご紹介します。

片頭痛について
緊張型頭痛について
群発頭痛について

PAGE TOP