肩こりと片頭痛 -切っても切れないその関係-

肩こりのある方が頭痛を訴えて一般の病院を受診しますと「肩こりからくる頭痛」と診断されて筋肉をやわらげる薬、筋肉の血行を良くする薬、ビタミン剤などを処方されることがあります。これは「緊張型頭痛」と診断された方に行なわれる一般的な処方です。
その処方で頭痛が軽減する場合はいいのですが、効果が思わしくなく頭痛外来を訪れる方も多く、そういう場合にはもう一度詳しくお話しを伺うことになります。


肩こりは片頭痛?

私たち頭痛外来を行っている医師たちが、肩こりと頭痛を訴える患者さんを診察しますとまず最初に疑うのが「片頭痛」です。緊張型頭痛のケースも確かにあるのですが、わざわざお仕事を休んでまで頭痛で病院にかかるというのは「頭痛がかなりひどいから」に他なりません。緊張型頭痛ではそこまで激しい頭痛に苦しめられることは少ないからです。そして、肩こりが片頭痛を診断する上で大変役立つ大切な症状だと専門の医師たちはよく知っているからです。


片頭痛の肩こりの特徴は?

肩こりは多くの人が持っている症状ですので、肩こりだけで頭痛を区別することはもちろんできません。ただ、片頭痛に関連して発生する肩こりは慢性の肩こりと少し性質が違います。患者さんがよく訴えるのは、「頭痛の前に肩こりが急に悪化してくる」、「首や肩がぐっと張ってくる感じがする」「後ろ頭の方にも凝りが拡がってくる」という現象です。
この特徴的な肩こりに、拍動痛や嘔吐、光過敏や音過敏など片頭痛らしい症状が付随すると診断はかなり固まってきます。


そもそもなぜ片頭痛に肩こりが?

脳は硬膜という膜に覆われていて、その硬膜の上を走っている三叉神経という神経から色々な痛みの物質が分泌されて片頭痛は起こります。この物質が炎症を起こしたり血管を拡張させてどんどん痛みが悪化していくのです。この三叉神経は硬膜だけに分布しているのではありません。この神経は首や肩の筋肉にも分布しているのでそこにも炎症が波及する事があり、その結果片頭痛の前に独特な「肩こり感」が出現することになるのです。


トリプタン製剤内服のタイミングは?

片頭痛の特効薬トリプタン製剤ですが、その効果は飲むタイミングでかなり変わってきます。片頭痛の前触れとして肩こりがある方は非常に多く、その症状を覚えておけば内服のタイミングを逃すことはありません。不快な肩こりがぐっと肩や首に拡がって来た時、それは空が急に雨雲に覆われてぽつりぽつりと雨が落ち始めたそんな時です。雨脚がにわかに強まり人々が恨めしそうに空を見上げ小走りに街を駆け始めたそんな時、それはまさに片頭痛の始まりです。タイミングを逃さないようすぐにトリプタンを服用しましょう。

肩こりと片頭痛 ―切っても切れないその関係―

肩こりのある方が頭痛を訴えて一般の病院を受診しますと「肩こりからくる頭痛」と診断されて筋肉をやわらげる薬、筋肉の血行を良くする薬、ビタミン剤などを処方されることがあります。これは「緊張型頭痛」と診断された方に行なわれる一般的な処方です。
その処方で頭痛が軽減する場合はいいのですが、効果が思わしくなく頭痛外来を訪れる方も多く、そういう場合にはもう一度詳しくお話しを伺うことになります。

肩こりは片頭痛?

私たち頭痛外来を行っている医師たちが、肩こりと頭痛を訴える患者さんを診察しますとまず最初に疑うのが「片頭痛」です。緊張型頭痛のケースも確かにあるのですが、わざわざお仕事を休んでまで頭痛で病院にかかるというのは「頭痛がかなりひどいから」に他なりません。緊張型頭痛ではそこまで激しい頭痛に苦しめられることは少ないからです。そして、肩こりが片頭痛を診断する上で大変役立つ大切な症状だと専門の医師たちはよく知っているからです。

片頭痛の肩こりの特徴は?

肩こりは多くの人が持っている症状ですので、肩こりだけで頭痛を区別することはもちろんできません。ただ、片頭痛に関連して発生する肩こりは慢性の肩こりと少し性質が違います。患者さんがよく訴えるのは、「頭痛の前に肩こりが急に悪化してくる」、「首や肩がぐっと張ってくる感じがする」「後ろ頭の方にも凝りが拡がってくる」という現象です。
この特徴的な肩こりに、拍動痛や嘔吐、光過敏や音過敏など片頭痛らしい症状が付随すると診断はかなり固まってきます。

そもそもなぜ片頭痛に肩こりが?

脳は硬膜という膜に覆われていて、その硬膜の上を走っている三叉神経という神経から色々な痛みの物質が分泌されて片頭痛は起こります。この物質が炎症を起こしたり血管を拡張させてどんどん痛みが悪化していくのです。この三叉神経は硬膜だけに分布しているのではありません。この神経は首や肩の筋肉にも分布しているのでそこにも炎症が波及する事があり、その結果片頭痛の前に独特な「肩こり感」が出現することになるのです。

トリプタン製剤内服のタイミングは?

片頭痛の特効薬トリプタン製剤ですが、その効果は飲むタイミングでかなり変わってきます。片頭痛の前触れとして肩こりがある方は非常に多く、その症状を覚えておけば内服のタイミングを逃すことはありません。不快な肩こりがぐっと肩や首に拡がって来た時、それは空が急に雨雲に覆われてぽつりぽつりと雨が落ち始めたそんな時です。雨脚がにわかに強まり人々が恨めしそうに空を見上げ小走りに街を駆け始めたそんな時、それはまさに片頭痛の始まりです。タイミングを逃さないようすぐにトリプタンを服用しましょう。

anime porn

女性と片頭痛

片頭痛は女性に多い疾患ですのでこのコラムでは女性のライフステージと片頭痛の関係について考えていきたいと思います。統計によっても異なりますが、女性の片頭痛罹患率は13%から15%と言われ男性の3倍以上の発症率です。しかも仕事、育児、家事と一人で何役もこなさないといけない20代から40代を中心に起こるため、日常生活に大きな支障を来たすのです。

月経と片頭痛

片頭痛は、エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンに影響を受ける病気です。そのため生理前2日から生理3日までに多く発症します。女性ホルモンが安定している妊娠中は頻度が減り、出産後はまた増えてきます。初潮の平均年齢は13歳ですのでそれ以後に発症し、閉経後には減少してゆきます。
生理痛と頭痛が一緒に起こった時、生理痛の市販薬だけで済ませている人が多いのですがそれでは頭痛は治まりません。徐々に市販薬の使用量が増えていき、薬物の乱用にもなりかねません。生理痛に伴う頭痛の多くは片頭痛ですのでトリプタン製剤が有効なケースが多いのです。ただし、片頭痛と緊張型頭痛を合併しているケースもありますので頭痛外来で相談していただければと思います。


月経関連片頭痛の予防

必ずと言っていいほど月経に伴って片頭痛が起こる、という人には予防薬が有効とされています。月経の1週間前から予防薬を内服することでその頻度を減らすことができますが、月経周期がレギュラーで片頭痛発作の時期が一定していないとうまくコントロールできません。専門医に相談して良い治療法を選択して欲しいと思います。


日常生活と片頭痛

片頭痛がどれくらい生活に支障をきたしているかという統計では、仕事や学校や家事を「いつも休む人、時々休む人」の合計が65%くらいで、「休みたいけど休めない人」を加えると90%以上の人が苦しんでいることが分かっています。また月経時に起こる片頭痛は平常時の片頭痛に比べて特につらい傾向があると言われていますので、できるだけすみやかに頭痛をとる治療が望まれるのです。


妊娠、出産と片頭痛

妊娠中、片頭痛の頻度は減り、強さも弱まることが知られています。けれども出産が終わるとひと月以内に半分以上の人が再発します。女性ホルモンが大きく影響する病気だという事がわかります。赤ちゃんを育てるストレスや疲れ、睡眠不足なども誘因となっているのだと思います。
授乳中の片頭痛治療は頭痛外来でも大変頭を悩ませる問題の一つです。乳汁への移行がありますのでトリプタン製剤をいつも通り使うというわけにはいきません。トリプタン製剤の一つであるイミグランは「投与後12時間は授乳不可」となっています。他のトリプタンも「授乳は避ける」とされていますので、同様の注意が必要です。


更年期と片頭痛

更年期は女性のホルモンバランスが大きく変わる時期です。そのためしばらく治まっていた片頭痛も再燃しやすくなります。ほてりや多汗などの更年期症状に対しホルモン補充療法を受けている方では片頭痛が起こりにくくなるケースもありますが、逆に悪化する場合もあり、片頭痛にとっては個人差の大きい治療です。60歳以上で典型的な片頭痛発作を繰り返す方も稀にはおられますが、一般的には閉経から初老期にかけ片頭痛は減少していき、長く苦しめられたやっかいな頭痛から徐々に解放されていきます。
このように片頭痛は女性のライフステージによって変化する病気です。つらい片頭痛をしかめっ面のまま我慢せず、その時期に応じた適切な治療で生活の質を上げ、人生を楽しむチャンスを益々広げてもらいたいものです。眉間の縦ジワを目尻の横ジワに!

anime porn