「あれ?ちょっと変かな」軽度認知障害(MCI)の気づき方

 

MCIの診断基準

MCIとは「正常ではないけど認知症でもない状態」で「数年後に認知症に移行する可能性がある状態」を指します。

  • 本人や家族から認知機能低下の訴えがある。
  • 認知機能は正常とは言えないが認知症の診断基準を満たさない。
  • 複雑な日常生活活動に支障はあっても基本的な日常生活機能は正常である。

という3項目が診断に使われていますがなんとも曖昧でわかりにくいですね。元々人間の精神活動や生活能力は数値で表すことが難しいのでこのような表現になるのもやむを得ないのかもしれません。けれどもMCIを早期に発見することは認知症の治療をなるべく早期に開始したい私たち医師にとっても、一日でも長くその人らしい時間を過ごさせてあげたいご家族にとっても意味のあることですので、大まかなイメージを持って早く気づくことが大切です。

MCIの具体的な症状

MCIは健常な老化状態からアルツハイマー型認知症に移行する前段階と考えられます。

「昔から知っている物の名前が出てきにくい」(代名詞を使って話す事が増える)
「最近の出来事を忘れることがある」(みんなで経験した共通の出来事を一人だけ忘れていることがある、すぐ前のことを忘れていることがある)
「雑談ができにくくなった」(最近のニュースやみんなが知っている話題についていけない事がある)
「積極性が低下する」(好きな習い事に行くのを嫌がる、理由をつけて休もうとする)
「約束を忘れる」(集合の日時を間違える事がある)
「料理に時間がかかるようになる」(物事の段取りが悪くなってくる、味に変化がおこる)

など、以前とは違ってきているけれども特に日常生活上特別な支障はないという状態です。画像診断を行なっても海馬の萎縮などはまだ目立ちません。MCIなのか軽度のアルツハイマー型認知症なのか区別できないこともあります。あれ?ちょっと最近変かな?御家族がそう感じた時が受診のタイミングです。

レビー小体型認知症(DLB)に移行するMCI

アルツハイマー型認知症に移行するMCIではなくDLBに移行するMCIもあります。DLBは物忘れが軽度でもレム睡眠行動障害(本ホームページの別コラムで解説)、幻視、自律神経症状を伴いますので、その前段階から推測することができます。また歩行状態がパーキンソン病のように前屈姿勢になったり、注意不足から転倒が増えるなど家庭や施設の中でも以前とは少し違う状況が見られたら専門医の診察を受ける時期かと思います。

最近の研究から ―脳と脂肪の関係―

「中年期の内臓脂肪の増加は老年期の認知機能低下を起こしやすく、老年期の体重減少も認知症発症に関与している。」これは最近ある一流医学雑誌に掲載された論文で、幼年期から老年期に至る内臓脂肪が認知症に関与しているというユニークな研究です。脂肪細胞からは脳細胞や他の臓器に影響を与えるホルモンなど多彩な物質が分泌されていますので認知機能に大きく関与していることが知られています。認知症になった人の一生涯の内臓脂肪変化を見ると、中年期に肥満傾向にあり、老年期に急に体重減少を来たしたケースに多いと指摘するこの論文は、肥満症、糖尿病など生活習慣病予防の重要性について改めて考えさせられる内容です。

free gay porn

レビー小体型認知症(DLB)の話

日本国内で最も多く見られる認知症はアルツハイマー型認知症、次に血管性認知症ですが三番目に多いのがレビー小体型認知症(以後DLB)です。「レビー小体」と言うのは脳細胞の中に出現する異常物質のことですので一般の方にはなじみにくい病名だと思います(偉い学者さん達がつけた病名なので文句は言えませんが)。とにかくDLBとはそんな名前の有害物質が脳細胞に沈着して発症する「アルツハイマー型認知症とは異なる多彩な症状をきたす認知症」とイメージして頂ければと思います。アルツハイマー型認知症と診断されている方々の中にDLBの方が時々おられますので私は以下のDLBの特徴をいつも頭に置きながら診察しています。

レビー小体型認知症(DLB)の特徴

特徴1:記憶障害は初期にはあまり目立たないが、変動が大きい

DLBは認知症ですので正常な日常生活、社会生活を行なうのが困難な認知機能の低下があることは当然です。けれどもアルツハイマー型認知症のように今言ったことをすぐに忘れて同じことを言う、同じことを訊き返す、今鍵を置いた場所をすぐ忘れるといった特徴的な記憶障害は初期には目立ちません。今日の日にちや昨日の出来事も比較的よく記憶しています。しかしその記憶障害の変動が激しいのが特徴で、ご家族は「調子のいい時と悪い時の差がものすごく大きいのでどう対応していいのかわかりません」と訴えたりします。もちろん進行していくうちに記憶障害も徐々に悪化し固定してゆきます。

特徴2:リアリティのある幻視と錯視

アルツハイマー型認知症の幻視症状はある程度認知障害が進行してからみられるのですが、DLBでは早期から見られます。そこにいない人物や小動物がありありと見えます。じっとしていない動く幻視なので患者さんはその存在を確信しています。例えば家の中に人が3人来ていると確信してしまい、食卓にお茶わんやお箸を三人分並べたりします。被害妄想を伴って「知らない人たちが入り込んできて財産を奪う計画を立てている」と信じ込んだりします。また置物の犬を本物と見間違ったり、コンセントに差し込まれたコードの形を見てゾウがいると言ったりする錯視もみられます。

特徴3:早い時期からパーキンソン症状を伴う

パーキンソン症状とは手足の関節や筋肉が硬くなり動かしづらくなる、手が小刻みに震える、前屈姿勢で小刻み歩行になる、歩き始めの一歩がすぐに出ないなどの運動障害です。このような運動障害を早期から伴っている場合はアルツハイマー型認知症ではなくDLBを疑います。実は「レビー小体」とは元々パーキンソン患者の脳細胞に沈着する物質なので、パーキンソン病に認知症を伴う病気はずっと以前から注目されていたのです。

特徴4:悪夢にうなされるレム睡眠行動障害

人は夢を見ている時間帯、レム睡眠期には手足には力が入らず動けない状態になっているのが普通なのですが、レム睡眠行動障害では夢の内容に沿って手足が動いてしまいます。そのためけんかや怖い夢を見ると壁や横で寝ている人を殴ったりします。悪夢にうなされて大きな声で毎晩のように寝言を言うこともあります。このレム睡眠行動障害がDLBの初期に起こりやすい事が最近分かってきました。この症状に対しては非常に有効なお薬があります。御家族に「最近大きな声で寝言を言ったりしませんか」とうかがうことが早期発見には大切です。

特徴5:初期からうつ状態がみられる

認知症のうち最もうつ状態になりやすいのがDLBと言われています。意欲の低下や気持ちが沈むような精神症状が先行し、その後徐々に認知障害や幻覚が現れることが知られています。あっけらかんとした印象のアルツハイマー型認知症ではみられにくい傾向です。

特徴6:失神と転倒をくりかえす/ 多彩な自律神経症状

レビー小体は神経細胞に沈着するだけでなく、全身の末梢自律神経系(心臓、腸管、膀胱)の細胞にも沈着します。そのため食後に起立性低血圧による立ちくらみを起こしたり、ひどい時は失神、尿失禁を来たします。また注意障害により転倒を繰り返すという特徴を持っています。便秘、頻尿、発汗障害などの自律神経症状が他の認知症に比べて多く出やすいのもDLBの特徴です。

large porn tube