片頭痛と脳梗塞

月に何度か仕事や学校を休まなくてはいけないようなつらい頭痛発作に襲われる片頭痛。命に関わることはないものの、生活の質を落とし、日々の生活に大きな支障を生じる病気です。片頭痛発作時には頭痛だけでなく、閃輝暗点と呼ばれるキラキラした視野の障害や、吐気、めまい、光や音や臭いに対する過敏性など自律神経系の多彩な症状が出現しますので、数ある頭痛の中でも最も不快な頭痛のひとつと言えるでしょう。

最近、この片頭痛をくり返していると脳梗塞になりやすい?という研究結果がメディアで紹介されたため、そのような心配で受診される方も時々見受けられます。

2005年にBMJという医学雑誌に掲載された論文(1)では片頭痛患者の脳梗塞発症リスクは、対照群を1とすると、前兆のある片頭痛では2.27 、経口避妊薬服服用者では8.72と高い結果を示しました。また2009年のBMJの論文(2)でも前兆のある片頭痛で2.16、経口避妊薬服用者では7.02、喫煙者では9.03と非常に高い値を示していました。

これらの結果を見ますと片頭痛をくり返していると脳梗塞になりやすいようにもみえますが、専門家の間では必ずしもそうとは言えないという意見も多く見られます。これらの研究では脳梗塞や片頭痛の診断が正確でなかったという意見や、この統計の主な対象であった45歳以下の女性の脳梗塞の発症率がもともと非常に低いため、少し増加しただけで異常値が出やすいという統計学的な問題点も指摘されています。

脳梗塞の絶対的な危険因子としては、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、喫煙、過食などの生活習慣がよく知られています。これらの病気が動脈硬化症を引き起こすことが脳梗塞の主因だからです。これらの病気の危険性に比べれば、片頭痛の脳梗塞に与える影響などはるかにはるかに小さく、今の時点では「片頭痛が脳梗塞の危険因子とは言えない」という考えが主流だと思います。片頭痛の患者さんは、そこまでの心配はせずとにかく痛みをとって楽な毎日を過ごせる工夫をしてゆきましょう。

(1)Etominan M, et al :BMJ 2005;330:63
(2)Schurks M,et al:BMJ 2009;339:b3914

「心電図が異常です」と言われたら

世界的にみても心電図を検診の一つに加えている国はほとんどなく、日本、イタリア、キューバくらいだと言われています。その理由は心電図異常が高血圧や高脂血症の方に出やすいことはわかっているものの、心電図所見が個々の心血管の病気に影響を与えることはあまりなく、臨床上ほとんど問題にならないからです。米国心臓協会では糖尿病患者や高齢者など高リスク集団だけを心電図検査が必要なグループとしています。慶應大学循環器内科の香坂 俊先生は「心電図に異常波形がある」といわれただけで特に心配する必要はないが次の3つのケースでは専門医の受診が必要だと述べています。脳神経外科の立場から解説したいと思います。

1.脳梗塞を起こすかもしれない不整脈

心房細動は心電図異常の中でもっとも有名な不整脈です。心房細動では心房の収縮活動が極端に低下、または停止していますので血流が停滞して血栓ができやすくなり、それが脳血管に飛んで脳梗塞を起こします。アジア人は欧米人よりその頻度が高いため心房細動発見の意義は高いといえます。心房細動が引き起こす脳梗塞は重篤なケースが多いため、確定診断をされるとその後長期にわたり抗凝固剤の内服が必要になります。けれども不必要な抗凝固療法は避けなければいけませんので、心房細動の診断には慎重さが求められます。最近は心電図自動解析装置の精度も上がっていますがそれでも中には偽陽性が含まれていますので、私は一度循環器専門医の意見を聞いてから治療を開始するようにしています。

2.突然死を引き起こすかもしれない不整脈

ブルガダ型心電図。私たち脳外科医には聞き慣れない名称ですが、循環器内科の世界ではこのような分類の異常心電図は若者の突然死を起こすリスクが高いと言われています。ただしこのような診断を受けても胸痛などの臨床症状や家族歴などを総合的に判断する必要があり、一概には言えないようです。24時間心電図施行中に突然死した症例を検討するとその直前に致死的心電図が記録されています。約3/4は心室細動などの心室系不整脈、約1/4は徐脈性不整脈で、その多くに心筋梗塞などの既往があります。生活習慣病の予防がいかに大切かがわかります。

3.異常所見が複数ある心電図

健診で心電図をとると右脚、左脚ブロック、上室性期外収縮、左、右軸偏位、ST-T変化、PR延長、時計、反時計回転、心室肥大など様々な異常を指摘されることになります。最近の研究では、これらの異常がひとつだけ見られた場合は特に心配ないけれども、複数重なって見られる場合は将来心血管の病気になりやすい事がわかってきています。心電図検査を行ってもすべてが心配というわけではありませんが、危険な不整脈や複数の異常が重なってみられた場合は精密検査を考慮すべきなのです。
 

高血圧と脳卒中

脳卒中とは突然脳の血管に異常が生じて命を奪ったり、失語症や半身不随などさまざまな後遺症を残す病気の総称です。

脳卒中の最大の危険因子は高血圧ですので「高血圧性脳血管障害」とも呼ばれます。現在脳卒中の年間発症患者数は年間29万人。脳卒中が原因で要介護者となった人の割合は要介護者全体の30%を越えて第1位で、後遺症を抱えて不自由な人生を送っている人は非常に多いのです。

高血圧はどのように脳卒中に関与し、どの程度まで血圧を下げると脳卒中が防げるのでしょうか。

高血圧が関わる主な脳血管障害

脳出血

別名「高血圧性脳出血」とも言われ、高血圧と非常に強い関連性があります。高血圧を有している人の脳出血発症率は正常者の9~10倍。特に40歳から59歳までの年齢層で拡張期血圧(下の血圧)が高いグループの危険率が高い事がわかっています。

脳梗塞

脳梗塞は3種類に分類されます。

  1. ラクナ梗塞:脳実質を穿通する細い血管に生じた梗塞で15mm以下の小さな梗塞です。ラクナとは空洞の事で、長年の高血圧が脳深部の血管にリポヒアリノーシスという病的な変化を来たしてこの病気に至ると考えられています。
  2. アテローム血栓性脳梗塞:脳内の比較的大きな血管が動脈硬化で細くなって脳梗塞を来たしたり、血管の壁にできた血栓の一部が血流よって脳内の遠くの血管に飛んで脳梗塞を作ったりするもので、ラクナ梗塞よりも重症の脳梗塞です。原因はやはり高血圧、そして喫煙、糖尿病、高脂血症などが関与しています。
  3. 心原性脳梗塞:不整脈(心房細動)が原因で起こる最も重症の脳梗塞です。心房細動によって心臓内に作られた血栓が脳に飛んで脳梗塞を来たします。この塞栓を引き起こす原因として高血圧、糖尿病、加齢、冠動脈疾患などが上げられます。

クモ膜下出血

85%から90%が脳動脈瘤の破裂で起こる病気です。高血圧の治療によって脳出血が減少しているにも関わらず、クモ膜下出血はあまり減少していません。年間発症率は人口10万人当たり10人から20人で、発症一カ月以内の死亡率は30%~60%と非常に高い疾患です。脳動脈瘤はほとんどが先天的なものですので、他の病気と異なり高血圧が直接的に関与しているわけではありませんが、高血圧により小さな動脈瘤が破裂しやすい大きな動脈瘤に変化することが知られています。破裂の危険因子としても高血圧、喫煙、飲酒などの関わりが証明されています。


どこまで下げれば脳卒中を予防できる?

多くの研究の結果、脳卒中を防ぐためにどの程度まで血圧を下げればいいのかが分かってきました。

脳梗塞は全年齢層で収縮時血圧(上の血圧)が140mmHgを越えると急激に増える。脳出血も同様に140mmHgを越えると急激に増加する。拡張期血圧(上の血圧)が90mmHg越えると脳卒中は急激に増える。この結果をふまえて日本高血圧学会が次の様な基準を作っています。

血圧のコントロールは高齢者では140/90mmHg以下にするのが望ましい。
若年者、中年者では脳出血の可能性も高いので130/85mmHg以下が望ましい。
糖尿病や腎臓病を持っている人はさらに危険なので130/80mmHgにするべきである。

この基準をもとに現在の日本では血圧コントロールが行われています。けれども医療はケースバイケースですので画一的にはいきません。主治医と十分相談しながらオーダーメイドの降圧治療を行っていくことが大切です。

kinokiste

脳卒中!緊急性のサイン!

以下の症状のいずれかが突然にあらわれ、持続する場合は、脳卒中の可能性があります。

  • 急に片方の手足が麻痺して腕が上がらなくなる。
  • 急に顔の半分に麻痺、しびれが生じる。
  • 急にろれつが回らなくなり、話せなくなる、言葉が出なくなる
    会話を理解できなくなる。
  • 急に片方の目が見えなくなる。急に物が二つに見え始める。
  • 突然、今までに経験した事のないような激しい頭痛が起こり、継続している。意識がもうろうとして呼び掛けに対する反応が鈍く、嘔吐している。

ただちに救急車(119)を呼ぶ必要があります。

脳卒中には脳梗塞(脳の血管が詰まる)、脳出血(脳血管が破れる)、くも膜下出血(脳動脈瘤が破裂する)などを含んでいます。もし判断に困った時は下記に電話をしてください。

松田脳神経外科クリニック

092-511-0500
xvideos