片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」

片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」

頭痛外来には、片頭痛発作時に吐き気や光過敏などの通常の随伴症状だけでなく、激しいめまいを伴って受診する方がおられます。逆に耳鼻科のめまい外来にはめまい発作につらい頭痛を合併して来られる方がいます。このようなケースでは「前庭性片頭痛」という病気を考慮する必要があります。以前は「片頭痛関連性めまい」といっていたのですが2013年の国際頭痛分類で改変されました。

前庭性片頭痛」の国際診断基準をわかりやすくまとめますと次の様になります

  1. 過去に片頭痛の診断を確実に受けている事(片頭痛の診断基準を満たしている事が必要です)
  2. 5分~72時間の間で持続するつらいめまい発作が起こること
  3. 2のめまい発作の少なくとも半分には、下の様な片頭痛の特徴をもつ頭痛を合併すること。片側性、拍動性(ズッキンズッキンする)の強い頭痛、光や音に過敏になる、日常動作で悪化する、視野にキラキラするものが見える前兆(閃輝暗点)が起こる。(以上のうち2項目当てはまればよい)

めまいは回転性の場合もあれば、ふらつきのようなめまいもあります。めまい発作を時々繰り返して受診している方に、以前片頭痛と診断されたことがなかったかを尋ねると、問診だけでも診断がつくことがあります。もちろん、頭痛外来で専門医の診断を受けている事が前提です。耳鼻科の領域ではまだあまり認知度が高くありませんので、これから徐々に知られていく病気かと思われます。

頭痛外来では前庭性片頭痛はあくまで片頭痛の一種として考えていますので、片頭痛で適応を取っているカルシウム拮抗薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などを用いて治療を行っています。2週間くらいの投与で効果が出てくるケースが多いようです。また、片頭痛を起こさないための生活上の管理が大切で、睡眠不足やストレスに注意し、人ごみやまぶしい光を避けるなど視覚刺激に対する工夫も大切です。

前庭性片頭痛の有効な治療法に関してはまだまだ症例が蓄積されているとはいえません。メニエール病との区別が難しい事もあってスタンダードな治療が確立していないのが現状です。現時点では頭痛外来で発見されるか耳鼻科で発見されるかで治療方針が変わることもありますので、これからさらに双方の症例に検討が加えられてスタンダードな治療方針が定まっていくことになるでしょう。

片頭痛と脳梗塞

月に何度か仕事や学校を休まなくてはいけないようなつらい頭痛発作に襲われる片頭痛。命に関わることはないものの、生活の質を落とし、日々の生活に大きな支障を生じる病気です。片頭痛発作時には頭痛だけでなく、閃輝暗点と呼ばれるキラキラした視野の障害や、吐気、めまい、光や音や臭いに対する過敏性など自律神経系の多彩な症状が出現しますので、数ある頭痛の中でも最も不快な頭痛のひとつと言えるでしょう。

最近、この片頭痛をくり返していると脳梗塞になりやすい?という研究結果がメディアで紹介されたため、そのような心配で受診される方も時々見受けられます。

2005年にBMJという医学雑誌に掲載された論文(1)では片頭痛患者の脳梗塞発症リスクは、対照群を1とすると、前兆のある片頭痛では2.27 、経口避妊薬服服用者では8.72と高い結果を示しました。また2009年のBMJの論文(2)でも前兆のある片頭痛で2.16、経口避妊薬服用者では7.02、喫煙者では9.03と非常に高い値を示していました。

これらの結果を見ますと片頭痛をくり返していると脳梗塞になりやすいようにもみえますが、専門家の間では必ずしもそうとは言えないという意見も多く見られます。これらの研究では脳梗塞や片頭痛の診断が正確でなかったという意見や、この統計の主な対象であった45歳以下の女性の脳梗塞の発症率がもともと非常に低いため、少し増加しただけで異常値が出やすいという統計学的な問題点も指摘されています。

脳梗塞の絶対的な危険因子としては、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、喫煙、過食などの生活習慣がよく知られています。これらの病気が動脈硬化症を引き起こすことが脳梗塞の主因だからです。これらの病気の危険性に比べれば、片頭痛の脳梗塞に与える影響などはるかにはるかに小さく、今の時点では「片頭痛が脳梗塞の危険因子とは言えない」という考えが主流だと思います。片頭痛の患者さんは、そこまでの心配はせずとにかく痛みをとって楽な毎日を過ごせる工夫をしてゆきましょう。

(1)Etominan M, et al :BMJ 2005;330:63
(2)Schurks M,et al:BMJ 2009;339:b3914

現代のプラセボ?「あくまで個人の感想です」

テレビを見ていますと最近の健康食品ブームとその宣伝の多さに驚かされます。お金に余裕のある年齢層の方々がこぞって購入しているわけですからアベノミクスの一端を担っているのでしょう。

「効果があるのでしょうか。」との御質問をよく受けます。「CMには『あくまで個人の感想です』と表示されていますから個人差が大きいのでしょうね。」とお答えしています。公正取引委員会の指導に応じて「個人の感想です。」と画面の片隅に表記するのはなかなかうまい逃げ道です。「全く効果のなかったその他大勢の人たち」や「副作用に悩んでいる人たち」のことは一切触れなくていいのですから一般視聴者はその存在に気づきません。ワラにもすがりたい人たち、つまり暗示にかかりやすい心理状態の人たちにとって非常に効果的でアブナイ手段と言えるでしょう。

プラセボ(プラシーボ)効果とは偽薬効果のことで、本物とそっくりの偽薬を処方しても薬だと信じ込むことによって何らかの治療効果が得られる現象を言います。薬のなかった昔は「仁」の南方先生でもいない限りプラセボ効果を最大限に使わなければ患者を癒すことはできなかったでしょう。現在でも痛みや不眠などに対し偽薬は効果があると言われており、薬物依存症などのケースでは家族の同意があれば用いても良いと医師法で定められています。

頭痛外来で毎日数十人の頭痛の患者さんたちを診ていますが、片頭痛、群発頭痛、薬物乱用性頭痛など一筋縄ではいかないケースがたくさんあります。トリプタン製剤や予防薬のお陰で私たちが医師になった頃と比べて格段の治療効果があがるようになったのですが、それでも治療の難しいケースは多々あるものです。今から59年前の1954年、プラセボによって鎮痛効果が得られる人は約30%であるという論文が初めて発表され、痛みは心理的な影響を最も受けやすく孤独や不安で増幅されると指摘されています。それは私たちの日常でもしばしば体験するところです。プラセボを実際の臨床で使う事はめったにありません。けれども外科手術が外科医の手腕に左右されるように、処方する医師とそれを使う患者との信頼関係によって薬の効果にも違いが出てくるように感じられます。

当然の事ながら薬剤は「個人の感想」で認可されているわけではありません。厳密な審査をパスして市場に出た薬ですから確実な効果が期待できるはずです。しかしまた一方、一定の割合で副作用が出ることも避けられません。医師と患者の信頼関係があればその副作用について十分に話し合いを持つことができますし、そういう前向きな関係性の中で処方された薬には見えないプラセボ効果が隠し味として働いてくれるのではないでしょうか。

youjizz

肩こりと片頭痛 ―切っても切れないその関係―

肩こりのある方が頭痛を訴えて一般の病院を受診しますと「肩こりからくる頭痛」と診断されて筋肉をやわらげる薬、筋肉の血行を良くする薬、ビタミン剤などを処方されることがあります。これは「緊張型頭痛」と診断された方に行なわれる一般的な処方です。
その処方で頭痛が軽減する場合はいいのですが、効果が思わしくなく頭痛外来を訪れる方も多く、そういう場合にはもう一度詳しくお話しを伺うことになります。

肩こりは片頭痛?

私たち頭痛外来を行っている医師たちが、肩こりと頭痛を訴える患者さんを診察しますとまず最初に疑うのが「片頭痛」です。緊張型頭痛のケースも確かにあるのですが、わざわざお仕事を休んでまで頭痛で病院にかかるというのは「頭痛がかなりひどいから」に他なりません。緊張型頭痛ではそこまで激しい頭痛に苦しめられることは少ないからです。そして、肩こりが片頭痛を診断する上で大変役立つ大切な症状だと専門の医師たちはよく知っているからです。

片頭痛の肩こりの特徴は?

肩こりは多くの人が持っている症状ですので、肩こりだけで頭痛を区別することはもちろんできません。ただ、片頭痛に関連して発生する肩こりは慢性の肩こりと少し性質が違います。患者さんがよく訴えるのは、「頭痛の前に肩こりが急に悪化してくる」、「首や肩がぐっと張ってくる感じがする」「後ろ頭の方にも凝りが拡がってくる」という現象です。
この特徴的な肩こりに、拍動痛や嘔吐、光過敏や音過敏など片頭痛らしい症状が付随すると診断はかなり固まってきます。

そもそもなぜ片頭痛に肩こりが?

脳は硬膜という膜に覆われていて、その硬膜の上を走っている三叉神経という神経から色々な痛みの物質が分泌されて片頭痛は起こります。この物質が炎症を起こしたり血管を拡張させてどんどん痛みが悪化していくのです。この三叉神経は硬膜だけに分布しているのではありません。この神経は首や肩の筋肉にも分布しているのでそこにも炎症が波及する事があり、その結果片頭痛の前に独特な「肩こり感」が出現することになるのです。

トリプタン製剤内服のタイミングは?

片頭痛の特効薬トリプタン製剤ですが、その効果は飲むタイミングでかなり変わってきます。片頭痛の前触れとして肩こりがある方は非常に多く、その症状を覚えておけば内服のタイミングを逃すことはありません。不快な肩こりがぐっと肩や首に拡がって来た時、それは空が急に雨雲に覆われてぽつりぽつりと雨が落ち始めたそんな時です。雨脚がにわかに強まり人々が恨めしそうに空を見上げ小走りに街を駆け始めたそんな時、それはまさに片頭痛の始まりです。タイミングを逃さないようすぐにトリプタンを服用しましょう。

anime porn

肩こりと片頭痛 -切っても切れないその関係-

肩こりのある方が頭痛を訴えて一般の病院を受診しますと「肩こりからくる頭痛」と診断されて筋肉をやわらげる薬、筋肉の血行を良くする薬、ビタミン剤などを処方されることがあります。これは「緊張型頭痛」と診断された方に行なわれる一般的な処方です。
その処方で頭痛が軽減する場合はいいのですが、効果が思わしくなく頭痛外来を訪れる方も多く、そういう場合にはもう一度詳しくお話しを伺うことになります。


肩こりは片頭痛?

私たち頭痛外来を行っている医師たちが、肩こりと頭痛を訴える患者さんを診察しますとまず最初に疑うのが「片頭痛」です。緊張型頭痛のケースも確かにあるのですが、わざわざお仕事を休んでまで頭痛で病院にかかるというのは「頭痛がかなりひどいから」に他なりません。緊張型頭痛ではそこまで激しい頭痛に苦しめられることは少ないからです。そして、肩こりが片頭痛を診断する上で大変役立つ大切な症状だと専門の医師たちはよく知っているからです。


片頭痛の肩こりの特徴は?

肩こりは多くの人が持っている症状ですので、肩こりだけで頭痛を区別することはもちろんできません。ただ、片頭痛に関連して発生する肩こりは慢性の肩こりと少し性質が違います。患者さんがよく訴えるのは、「頭痛の前に肩こりが急に悪化してくる」、「首や肩がぐっと張ってくる感じがする」「後ろ頭の方にも凝りが拡がってくる」という現象です。
この特徴的な肩こりに、拍動痛や嘔吐、光過敏や音過敏など片頭痛らしい症状が付随すると診断はかなり固まってきます。


そもそもなぜ片頭痛に肩こりが?

脳は硬膜という膜に覆われていて、その硬膜の上を走っている三叉神経という神経から色々な痛みの物質が分泌されて片頭痛は起こります。この物質が炎症を起こしたり血管を拡張させてどんどん痛みが悪化していくのです。この三叉神経は硬膜だけに分布しているのではありません。この神経は首や肩の筋肉にも分布しているのでそこにも炎症が波及する事があり、その結果片頭痛の前に独特な「肩こり感」が出現することになるのです。


トリプタン製剤内服のタイミングは?

片頭痛の特効薬トリプタン製剤ですが、その効果は飲むタイミングでかなり変わってきます。片頭痛の前触れとして肩こりがある方は非常に多く、その症状を覚えておけば内服のタイミングを逃すことはありません。不快な肩こりがぐっと肩や首に拡がって来た時、それは空が急に雨雲に覆われてぽつりぽつりと雨が落ち始めたそんな時です。雨脚がにわかに強まり人々が恨めしそうに空を見上げ小走りに街を駆け始めたそんな時、それはまさに片頭痛の始まりです。タイミングを逃さないようすぐにトリプタンを服用しましょう。

女性と片頭痛

片頭痛は女性に多い疾患ですのでこのコラムでは女性のライフステージと片頭痛の関係について考えていきたいと思います。統計によっても異なりますが、女性の片頭痛罹患率は13%から15%と言われ男性の3倍以上の発症率です。しかも仕事、育児、家事と一人で何役もこなさないといけない20代から40代を中心に起こるため、日常生活に大きな支障を来たすのです。

月経と片頭痛

片頭痛は、エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンに影響を受ける病気です。そのため生理前2日から生理3日までに多く発症します。女性ホルモンが安定している妊娠中は頻度が減り、出産後はまた増えてきます。初潮の平均年齢は13歳ですのでそれ以後に発症し、閉経後には減少してゆきます。
生理痛と頭痛が一緒に起こった時、生理痛の市販薬だけで済ませている人が多いのですがそれでは頭痛は治まりません。徐々に市販薬の使用量が増えていき、薬物の乱用にもなりかねません。生理痛に伴う頭痛の多くは片頭痛ですのでトリプタン製剤が有効なケースが多いのです。ただし、片頭痛と緊張型頭痛を合併しているケースもありますので頭痛外来で相談していただければと思います。


月経関連片頭痛の予防

必ずと言っていいほど月経に伴って片頭痛が起こる、という人には予防薬が有効とされています。月経の1週間前から予防薬を内服することでその頻度を減らすことができますが、月経周期がレギュラーで片頭痛発作の時期が一定していないとうまくコントロールできません。専門医に相談して良い治療法を選択して欲しいと思います。


日常生活と片頭痛

片頭痛がどれくらい生活に支障をきたしているかという統計では、仕事や学校や家事を「いつも休む人、時々休む人」の合計が65%くらいで、「休みたいけど休めない人」を加えると90%以上の人が苦しんでいることが分かっています。また月経時に起こる片頭痛は平常時の片頭痛に比べて特につらい傾向があると言われていますので、できるだけすみやかに頭痛をとる治療が望まれるのです。


妊娠、出産と片頭痛

妊娠中、片頭痛の頻度は減り、強さも弱まることが知られています。けれども出産が終わるとひと月以内に半分以上の人が再発します。女性ホルモンが大きく影響する病気だという事がわかります。赤ちゃんを育てるストレスや疲れ、睡眠不足なども誘因となっているのだと思います。
授乳中の片頭痛治療は頭痛外来でも大変頭を悩ませる問題の一つです。乳汁への移行がありますのでトリプタン製剤をいつも通り使うというわけにはいきません。トリプタン製剤の一つであるイミグランは「投与後12時間は授乳不可」となっています。他のトリプタンも「授乳は避ける」とされていますので、同様の注意が必要です。


更年期と片頭痛

更年期は女性のホルモンバランスが大きく変わる時期です。そのためしばらく治まっていた片頭痛も再燃しやすくなります。ほてりや多汗などの更年期症状に対しホルモン補充療法を受けている方では片頭痛が起こりにくくなるケースもありますが、逆に悪化する場合もあり、片頭痛にとっては個人差の大きい治療です。60歳以上で典型的な片頭痛発作を繰り返す方も稀にはおられますが、一般的には閉経から初老期にかけ片頭痛は減少していき、長く苦しめられたやっかいな頭痛から徐々に解放されていきます。
このように片頭痛は女性のライフステージによって変化する病気です。つらい片頭痛をしかめっ面のまま我慢せず、その時期に応じた適切な治療で生活の質を上げ、人生を楽しむチャンスを益々広げてもらいたいものです。眉間の縦ジワを目尻の横ジワに!

anime porn

片頭痛の自己診断法(正しく診断して適切な治療を)

あなたの頭痛は片頭痛?自己診断してみましょう。

片頭痛という病名は大変有名ですので昔から日常的に使われてきました。けれどもこの用語は「頭が痛けりゃ何でもかんでも片頭痛」という風に間違って使われてきた歴史があります。実際には片頭痛には特有の症状があり、それに従って診断、治療を行うべき疾患なのです(詳しくは頭痛外来をご覧ください)。日本でも欧米並みに片頭痛の患者さんは増えていますが、多くの方が正しく診断されていないと言われています。
まずは自己診断してみてはいかがでしょうか。


片頭痛自己診断ファーストステージ。最大のポイントは2つ。

1 片頭痛はときどき起こる

数週間にもわたり毎日続いている頭痛はまず片頭痛ではありません。片頭痛は同じような頭痛がときどき起こり数時間から丸一日続くけれども、頭痛が治まってしまえば普通に生活できる、という特徴を持っています。片頭痛発作の頻度は数カ月に一度からひと月に数度までまちまちです。

2 日常生活にかなりの支障が出る

頭痛はあるけれども通常の仕事や家事はとりあえず続けられる、という程度の頭痛は片頭痛ではない事が多いのです。片頭痛の時は仕事や家事を普段通り行うことができません。授業を受けることも難しくなります。横になりたい、休んでいたい、日常の動作をするのもつらい、という痛みの強さが片頭痛の大きな特徴です。


片頭痛自己診断セカンドステージ。ひとつでもあてはまると…

ファーストステージの2つの条件にどちらも当てはまった方は以下の項目に目を通してください。この中に当てはまる項目がいくつかあるのではありませんか。

  • 頭痛のピークには吐気がある、嘔吐する事もある
  • 光や音や匂いに敏感になる
  • 頭痛の前に急に首が張ったり肩凝りがひどくなったりする
  • 頭痛だけでなく目の奥が痛くなる
  • 階段を昇降したりお辞儀をするだけでも痛みがひどくなる
  • 頭痛の前に目の前がチカチカしてまぶしくなり物が見えにくくなる
  • 脈にあわせてズッキンズッキンと痛む。
  • 生理の前後に集中して起こる

当てはまる項目はありましたか?

1つでもあった方は片頭痛が強く疑われます。頭痛外来で適切な治療を開始しましょう。

片頭痛セルフチェックはこちら

片頭痛の自己診断法 – 正しく診断して適切な治療を

あなたの頭痛は片頭痛?自己診断してみましょう。

片頭痛という病名は大変有名ですので昔から日常的に使われてきました。けれどもこの用語は「頭が痛けりゃ何でもかんでも片頭痛」という風に間違って使われてきた歴史があります。実際には片頭痛には特有の症状があり、それに従って診断、治療を行うべき疾患なのです(詳しくは頭痛外来をご覧ください)。日本でも欧米並みに片頭痛の患者さんは増えていますが、多くの方が正しく診断されていないと言われています。
まずは自己診断してみてはいかがでしょうか。


片頭痛自己診断ファーストステージ。最大のポイントは2つ。

1 片頭痛はときどき起こる

数週間にもわたり毎日続いている頭痛はまず片頭痛ではありません。片頭痛は同じような頭痛がときどき起こり数時間から丸一日続くけれども、頭痛が治まってしまえば普通に生活できる、という特徴を持っています。片頭痛発作の頻度は数カ月に一度からひと月に数度までまちまちです。

2 日常生活にかなりの支障が出る

頭痛はあるけれども通常の仕事や家事はとりあえず続けられる、という程度の頭痛は片頭痛ではない事が多いのです。片頭痛の時は仕事や家事を普段通り行うことができません。授業を受けることも難しくなります。横になりたい、休んでいたい、日常の動作をするのもつらい、という痛みの強さが片頭痛の大きな特徴です。


片頭痛自己診断セカンドステージ。ひとつでもあてはまると…

ファーストステージの2つの条件にどちらも当てはまった方は以下の項目に目を通してください。この中に当てはまる項目がいくつかあるのではありませんか。

  • 頭痛のピークには吐気がある、嘔吐する事もある
  • 光や音や匂いに敏感になる
  • 頭痛の前に急に首が張ったり肩凝りがひどくなったりする
  • 頭痛だけでなく目の奥が痛くなる
  • 階段を昇降したりお辞儀をするだけでも痛みがひどくなる
  • 頭痛の前に目の前がチカチカしてまぶしくなり物が見えにくくなる
  • 脈にあわせてズッキンズッキンと痛む。
  • 生理の前後に集中して起こる

当てはまる項目はありましたか?1つでもあった方は片頭痛が強く疑われます。
頭痛外来で適切な治療を開始しましょう。

片頭痛セルフチェックはこちら

薬の飲みすぎで起こる頭痛:「薬物乱用頭痛」

薬の飲みすぎで起こる頭痛、薬剤乱用頭痛にご注意を。

人間の身体にはもともと痛みをブロックする仕組みが備わっています。
ところが、鎮痛剤を飲みすぎると、その大切な働きがだんだん弱くなり、脳が痛みに対して敏感になってゆき、常時痛みを感じるようになってしまいます。そのためさらに薬の量が増えてゆくという悪循環におちいるのです。こうして起こるのが「薬物乱用性頭痛」です。

鎮痛剤は、痛みの強い時だけ頓服薬として飲むべきものです。けれども、「また痛みが起こりそうだから予防的に飲む」、「毎朝決まって飲む」、「数種類の鎮痛剤を飲む」というような間違った飲み方をしているとこのようなやっかいな状態になってゆき、ますます頭痛が治まらなくなってゆくのです。

これを防ぐ為には、まず頭痛の原因が何なのか。緊張性頭痛なのか、片頭痛なのか、それ以外の頭痛なのかをはっきりさせることが重要です。それによって正しい薬の選択をし、薬以外にどのような方法で頭痛を軽くできるのかを探っていかなくてなくてはいけません。鎮痛剤連用には重症胃潰瘍、消化管出血、血液障害、肝臓、腎臓障害という重大な副作用もあり、減量してゆく事は自分の身体を守るためにも非常に大切です。

以下の項目に一つでも心当たりのある方は薬物乱用頭痛の可能性があります。専門医に相談しましょう。

  • ひと月に10日以上鎮痛薬を飲んでいる
  • だんだん鎮痛剤の量が増えてきた。
  • 何種類もの鎮痛薬を飲んでいる。
  • どれを飲んでも効かなくなってきた。
free hd porn