頭部疾患を幅広く扱う診療科

頭痛、物忘れ、頭部外傷、てんかん、パーキンソン病など、頭部に関する疾患を幅広く扱う診療科です。乳幼児の頭のケガから高齢者の認知症まで、幅広い年齢層の方が受信されています。顔面痙攣や眼瞼痙攣に対するポツリヌス療法などの特殊治療(保険適応)も行っています。福岡大学病院、九州大学病院、日赤病院、九州中央病院、山王病院など、市内の基幹病院とも連携しながら各疾患の治療にあたっています。

ピックアップ記事

  1. 「子供への虐待による外傷」の特徴を探る
  2. 子供が頭を打った(頭部打撲)時の確認手順
頭痛関連記事
最近の記事 よく読まれている記事
  1. 新しい認知症治療薬「レケンビ(レカネマブ)」Q&A
  2. さまざまな失神
  3. 中高年の理想的なダイエット
  4. 持続性知覚性姿勢誘発性めまい
  5. 鎮痛剤の使い過ぎによる頭痛(頭痛外来でまずは正しい診断を)
  1. 帯状疱疹と顔面神経麻痺:(ラムゼイハント症候群)
  2. 子供が頭を打った(頭部打撲)時の確認手順
  3. 「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族
  4. 子供の「ぶよぶよたんこぶ」と「固いたんこぶ」いつ治る?
  5. 高齢者の頭部打撲でおこる「慢性硬膜下血腫」について
PAGE TOP