高齢者の頭部打撲でおこる「慢性硬膜下血腫」について

高齢者が頭や顔を打撲し、数週間たってからまれに起こる事があるのは「慢性硬膜下血腫」という出血です。

脳は硬膜という硬い膜に包まれて守られています。この硬膜と脳の間に架け橋の様に架かっている細い静脈が切れ、血液がじわじわと貯留して脳を圧迫し始め、「徐々に悪化する頭痛、頭重感」や「左右どちらかの手足の麻痺、脱力、歩行障害」や「急に物忘れが進行してくる」、「軽い意識障害(一日中ぼんやりしてくる)」などが出現するのがこの病気の特徴です。

高齢者の血管はもろくなって切れやすいうえに、脳が萎縮して硬膜との間にすきまがあるので、脳を圧迫し始めるまでに日にちがかかるのです。
周囲の方は、打撲直後のCT検査で異常が見られなくても、数週間は様子を見て、そのような症状が出ないかを気にかけてあげてください。

この血腫の原因となる打撲は決して激しい打撲だけではありません。自分でも気づかないような軽い打撲でも起こります。頭を打ったことに周囲の方が気づいてないこともよくあります。

また、飲酒量の多い方や血液をサラサラにする薬(抗凝固剤、抗血小板剤)を飲んでいる方にも起こりやすいので注意が必要です。
治療は、頭蓋骨に穴を開けて血液を洗い流す比較的簡単な手術です。全身麻酔も必要ありません。この手術により症状は完全に消失します。

カテゴリー: それってどんな病気? タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

医療法人 松田脳神経外科クリニック

福岡県福岡市南区寺塚1-17-10

大池通り長住2丁目バス停そば

診療時間
午前:9時~12時30分
午後:2時~6時
(木曜・土曜は午後休診)
※日・祝祭日は休診

「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族

病気診断チェックシート

ボツリヌス治療について「片側顔面けいれん」「眼瞼けいれん」