むずむず脚症候群と睡眠障害

むずむず脚症候群RLS:restless legs syndrome)は脚を動かしたいという強い欲求と脚の異常感覚のために不眠になる病気です。私たちが学生の頃には聞いたこともない疾患ですがそれもそのはず。この病気の診断基準が決定されたのは2004年。大変新しい病気の一つです。

有病率は?

欧米では7%~14%ですが日本では1%~4%と少なく、国内に200万人くらいの罹患者がいると推定されています。マスメディアで紹介されますので自分に当てはまると気づいて受診される方が時々おられます。下肢の不快感で30分以上入眠しにくく、夜中に3回以上目が覚めるような症状がある方はRLSの可能性も考慮しなくてはいけません。

診断基準は?

下の表が診断基準です。必須診断基準の4項目が当てはまれば診断確定です。
むずむず感は午前中は目立たないのですが夕方や夜に悪化します。「ベッドに入ると脚を動かしていないと気持ち悪くてたまりません。むずむずして眠れません。」という訴えが見られるようになります。また同じ病気の人が家族にいるかどうかは診断を補助する情報ですので大切です。

RLSの診断基準

必須診断基準

  1. 脚を動かしたいという強い欲求が存在し、また通常その欲求が不快な下肢の異常感覚に伴って生じる。
  2. 静かに横になったり座ったりしている状態で出現、増悪する。
  3. 歩いたり下肢を伸ばすなどの運動にによって改善する。
  4. 日中より夕方・夜間に増強する。

診断を補助する特徴

  1. RLSの家族歴
  2. ドパミン作動薬への反応性が良好
  3. 睡眠ポリグラフ検査における周期性四肢運動の存在

原因と治療法は?

根本的な原因は実はまだわかっていません。けれども妊娠や鉄欠乏性貧血や腎機能障害で起こりやすいことがわかっていますので、外来では問診と一般採血をして腎機能や血液中の鉄分を検査します。非薬物療法としてはたばこ、カフェイン、アルコールを控える、下肢のマッサージや睡眠前の入浴などを指導します。RLSが週に2回以上起こるケースでは薬物療法を勧めます。現時点では「脳のドパミン神経系の異常」との考えが最有力ですのでドパミン神経を刺激する「ドパミン作働薬」やクロナゼパムというてんかんの薬を使います。経験的にはどちらも大変有効です。鉄欠乏性貧血のケースではドパミンの合成に必要な鉄分を補充します。

パーキンソン病との関連は?

パーキンソン病の方にRLSがよくみられることが知られています。この二つの病気とも脳内ドパミン神経系の異常ですのでパーキンソン病患者の12%と高率にRLSを合併するのです。そのため「RSLと診断されましたが将来パーキンソン病を発症しやすいのですか」という御質問を受けることがありますが、今のところそれに関する科学的データはありませんのでその点は心配する事はないでしょう。

パーキンソン病の診断

パーキンソン病は脳内にあるドーパミンという神経伝達物質が不足して起こる病気ですが、その根本的な原因についてはまだ完全にはわかっていません。
有病率は約1000人に1人ですが40歳以下の発症は稀で、中高年齢者に好発します。遺伝性疾患ではありませんが、40歳以下で発症した場合は家族性に発症する確率が高くなります。
血液検査やCT検査、MRI検査で異常はありませんので、専門医の診察により正確な診断を受ける事が大切です。その上で的確な治療を行い進行を防げば、十分に社会生活を続けていく事が可能な病気です。
パーキンソン病の症状にはかなり個人差がありますが、代表的な症状は以下のような症状です。


振戦

初発症状として最も多い症状です。手や足が細かく震えます。静止時には強くふるえますが、動作をしているとふるえが軽くなるのがパーキンソン病の特徴で、安静時振戦と呼ばれます。高齢者にみられる通常の振戦はその逆で、字を書くなど何かの動作をすると目立つのが特徴です。

 


固縮

筋肉の緊張が強くなり、手足の動きがぎこちなくなります。肘の関節を曲げたり伸ばしたりする動作がスムーズに行かず、ガクガクとした抵抗を感じます。


無動 動作緩慢

動作が遅く、動きが鈍くなります。顔の表情が乏しくなり(仮面様顔貌)、声が小さくなることもあります。書字が小さくなる小字症が現れる事もあります。


姿勢反射異常

治療を行わないまま経過しますと、身体のバランスがとりにくくなる事があります。前屈姿勢をとり、小刻みな歩行となり、腕を振らなくなります。
歩き始めに足が床に貼り付いたようになりしばらく足を出せない症状(すくみ足)や、歩き始めると次第に早足になり急には止まれなくなる症状(加速歩行)が出現することがあります。


自律神経症状、精神症状

便秘、排尿障害、起立性低血圧、睡眠障害(レム睡眠行動障害)、むずむず脚症候群、不安、抑うつ症状、うつ的な状況になる事もあります。パーキンソン病はもともと運動障害の病気ですが、最近はこの様な「非運動障害」が注目されています。

cartoon porn

早期パーキンソン病の治療

当院で初めて診断される患者さんは、比較的早期のパーキンソン病の方がほとんどです。パーキンソン病はその病状の重さから5段階に別けられていますが、そのうちⅠ段階からⅡ段階の方が大半を占めますので、薬物による治療効果が十分に期待できます。もし胃腸症状などの副作用があった場合はご連絡ください。どのような薬物を用いて治療を行ってゆくかをご説明します。


ドパミン受容体刺激薬

パーキンソン病は脳内にドパミンが不足している病気ですので、それを直接補うのが最も理にかなっているのですが、長期に内服する場合は、副作用が少なく、半減期が長い(長時間効果がある)ドパミン受容体刺激薬をまず用います。間接的にドパミンを増やすお薬です。

  • 薬品名
    ミラペックスLA(胃腸障害が少なく効果が早いため使いやすい、効果時間が長い)、カバサール、ペルマックスなど
  • 投与法
    副作用が出ない様に始めは少量から始め、徐々に増量してゆき、約2ヶ月くらいかけて標準量にもっていきます。

L-ドーパ製剤

不足しているドパミンを補う薬です。やや進行した方や70歳以上の高齢者では初めからこの薬を使う事もあります。またドパミン受容体刺激剤が使いにくい場合や、単独では効果が不十分な場合はこのグループの薬剤を併用します。

  • 薬品名
    ネオドパストン、メネシット、ネオドパゾール、マドパー、ドパストンなど。
  • 副作用
    wearing off(ウェアリング オフ)
  • 現象:
    薬効時間が短縮し、内服後数時間たつと効果がなくなる状態。
  • 対策
    投与間隔を短縮したり、他のグループの薬を併用したりします。

その他のグループ

このグループの薬も症状によって併用することがあります。

  1. ドパミン遊離促進剤
    薬品名:シンメトレル(A型インフルエンザにも効果あり)
  2. モノアミン酸化酵素阻害薬
    薬品名:エフピー(Lドーパ剤と併用する)
  3. 抗コリン薬
    薬品名:アキネトン アーテン
  4. ノルエプネフリン前駆物質
    薬品名:ドプス(すくみ足に有効)
black porn