新しい片頭痛治療薬「レイボー」の特徴

新しい片頭痛治療薬「レイボー」の特徴

片頭痛薬物治療の現状

片頭痛の治療にはこの20年数年、トリプタン製剤が使用されてきました。現在日本では五種類の薬とそれぞれのジェネリック製剤【(イミグラン(スマトリプタン)、ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)、レルパックス(エレトリプタン)、マクサルト(リザトリプタン)、アマージ(ナラトリプタン)】が使われています。発売当時からトリプタン製剤は片頭痛発作の頓服薬としては非常に画期的で、片頭痛患者さんたちは非常に多くの恩恵を受けてきまた。これからも変わらず使用されていくと思います。

また、予防薬としてはCGRP関連製剤(エムガルティ、アジョビ、アイモビーク)という月1回の注射薬が発売され、ひと月に何度も片頭痛発作を起こす慢性片頭痛患者の予防注射薬としてとても心強い存在となっています。臨床現場で使用している実感としても、その効果は絶大ですので、今後さらに使用症例は増えていくものと思います。

新しい「レイボー」の特徴

  1. 今回新たに発売されたレイボーは、使用方法としてはトリプタンと同じで、頭痛発現時に頓服で用いる内服の片頭痛治療薬です。片頭痛発作の際に脳内で分泌される疼痛物質の放出を抑える薬なので予防的には使えません。
    この薬の効果は服用するタイミングには影響されにくいと言われていますが、トリプタンと同様に、片頭痛発作が起こり始めたらなるべく早く、我慢しないで服用してください。
  2. レイボーには50㎎、100㎎、200㎎の三種類がありますが、50㎎製剤ではあまり効果がない事がわかっていますのでまずは100㎎から処方します。効果が弱かったり、発作を繰り返す場合は一日2回まで(200㎎まで)使用できます。
  3. トリプタン製剤は心臓病など循環器系の持病のある人には使いにくい薬でしたが、レイボーは、心筋梗塞や重症高血圧などの人にも安心して使用できます。但し、めまい、ふらつきなどの副作用はトリプタンより多いと言われていますので、服薬後の運転には注意が必要です。(副作用がないことがはっきりすれば運転は可能です)

「レイボーはじめてシート」のこと

レイボーを開始した患者さんには、効果や副作用を記入して頂くシートをお渡ししています。これを書いて頂くことで、この薬を今後も使っていくのか、薬を変えた方がいいかなどの方針が立てやすくなります。片頭痛治療作戦を立てる上で大切なツールです。この薬の発売により、これからの片頭痛治療はトリプタン製剤とレイボー、両者のメリットを生かしながら行なっていけるようになりました。

レイボーはじめてシート
レイボーはじめてシート

関連記事

  1. 子供が頭痛を訴えるとき

    子供が頭痛を訴えるとき

  2. 片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」

    片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」の診断基準とは

  3. 片頭痛の自己診断法(正しく診断して適切な治療を)

    片頭痛の自己診断法(正しく診断して適切な治療を)

  4. 起立後におこるつらい頭痛:「脳脊髄液減少症」

    起立後におこるつらい頭痛:「脳脊髄液減少症」

  5. 新しい機序の片頭痛予防薬「エムガルティ」

  6. 損失2800億円の片頭痛

    損失2800億円の片頭痛

ピックアップ記事

  1. 腋窩多汗症(ワキ汗)のボツリヌス療法
  2. 「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族
頭痛関連記事
最近の記事 よく読まれている記事
  1. 新しい認知症治療薬「レケンビ(レカネマブ)」Q&A
  2. さまざまな失神
  3. 中高年の理想的なダイエット
  4. 持続性知覚性姿勢誘発性めまい
  5. 鎮痛剤の使い過ぎによる頭痛(頭痛外来でまずは正しい診断を)
  1. 子供が頭を打った(頭部打撲)時に気をつけること
  2. 高齢者の頭部打撲でおこる「慢性硬膜下血腫」について
  3. 頭部打撲による「外傷性髄液漏」とは
  4. 子供の「ぶよぶよたんこぶ」と「固いたんこぶ」いつ治る?
  5. 新型コロナウイルス感染の正しい怖がり方
PAGE TOP