新型コロナではない風邪のこと

新型コロナではない風邪のこと

第7波と言われる大流行で、新型コロナウイルスに罹患したという話を非常に多くの人から聞くようになりました。無症状で検査を受けていない人も加えると、相当数の人に新型コロナの免疫が形成されたと考えられます。

気温が下がり気候が不安定になってきた最近、「風邪の症状が出て抗原検査をしたけどコロナじゃなかったです」という人が徐々に増えています。典型的なインフルエンザのように急激に悪化する悪寒、倦怠感、高熱、関節痛がないケースでは、その原因としてRSウイルスノロウイルスなどが考えられます。

RSウイルスは幼児期や小児期に感染するウイルスですが、免疫がつきにくいウイルスなので、一生涯にわたり感染を繰り返し、成人や高齢者への再感染も多くみられます。症状は軽い時はいわゆる風邪の症状で、発熱、鼻汁、咽頭痛など。稀に重症化すると咳、気管支炎、肺炎などに移行していきます。この季節、最もかかりやすいウイルスです。

ノロウイルスも1年中発症しますが、嘔吐や下痢を伴う事が多いのが特徴的です。汚染された物品類からの経口感染が多いので、高齢者施設などで集団発症することもあり注意が必要です。

新型コロナではない風邪のこと

関連記事

  1. 新型コロナ感染で残る神経系の後遺症

    新型コロナ感染で残る神経系の後遺症

  2. 「コロナうつ」と言われたら。

    「コロナうつ」と言われたら。

  3. 西暦2030年の新型コロナ

    西暦2030年の新型コロナ

  4. 新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい低栄養高齢者

    新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい低栄養高齢者

  5. 嗅覚障害と新型コロナウイルス

    嗅覚障害と新型コロナウイルス

  6. 雑感 世紀のワクチン狂騒曲開幕

    雑感 世紀のワクチン狂騒曲開幕

ピックアップ記事

  1. 子供が頭を打った(頭部打撲)時に気をつけること
  2. 腋窩多汗症(ワキ汗)のボツリヌス療法
頭痛関連記事
最近の記事 よく読まれている記事
  1. 新しい認知症治療薬「レケンビ(レカネマブ)」Q&A
  2. さまざまな失神
  3. 中高年の理想的なダイエット
  4. 持続性知覚性姿勢誘発性めまい
  5. 鎮痛剤の使い過ぎによる頭痛(頭痛外来でまずは正しい診断を)
  1. 腋窩多汗症(ワキ汗)のボツリヌス療法
  2. 子供(乳幼児)の頭部打撲:ぶよぶよたんこぶの対処法
  3. 片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」
  4. スポーツ顔面外傷の注意点
  5. 「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族
PAGE TOP