最もよくみられるめまいの病気「頭位めまい症」

最もよくみられるめまいの病気「頭位めまい症」

頭位めまい症(良性発作性頭位変換性眩暈症・BPPV)

代表的なケース

53歳女性。今朝、ベッドから起き上がろうとした時、激しいめまいが出現した。じっとしていたら30秒くらいでおさまった。けれども寝返りをうつとめまいが起こった。急に起き上がろうとしてもめまいが起こるが、静かに休んでいるとおさまる。少し吐気があった。耳鳴りや難聴はない。

このようなケースは頭位めまい症(BPPV)と診断されます。この病気は脳の病気ではなく、内耳の中にある耳石器官の病気ですので、命に関わる事はありません。この病気は同じ内耳の病気であるメニエール病と間違われる事がありますが、メニエール病とは異なる特徴を持っています。

症状の特徴

  1. 頭を動かした時に起こる。じっとしていればおさまる。メニエール病のようにじっとしていても激しい回転感が続くという事はない。
  2. 頭を動かすとめまいが起こるが、めまいの起こる方向に2度、3度とくり返して動かしていると、徐々に症状が軽くなる。
  3. メニエール病の様に絶対安静を取る必要はない。むしろ頭を動かして慣れさせてゆくのが治療になる。日頃からめまい体操を行うと予防になる。

治療法

  1. 急性期には運動療法はできませんが、一日中横になって寝ていては良くなりません。疲れない程度、なるべく通常の生活を続けながら、動きに慣れて行く事が大切です。
  2. 内耳の血流を良くして内耳機能を改善させるお薬を処方しますので、しばらく内服してください。
  3. 症状が改善してきたら、内耳の働きを強くするめまい体操を行ってください。内耳の働きが落ちているのがこの病気の原因ですから、運動療法によって再発を予防するように努めましょう。

関連記事

  1. 肺炎球菌ワクチンの意義

    肺炎球菌ワクチンの意義

  2. 不眠の脳科学(3) 交代勤務者の睡眠術

    不眠の脳科学(3) 交代勤務者の睡眠術

  3. パーキンソン病の診断

    パーキンソン病の診断

  4. 猛威をふるうインフルエンザの感染経路

    猛威をふるうインフルエンザの感染経路

  5. 山中教授iPS細胞が変える未来の医療

    山中教授iPS細胞が変える未来の医療

  6. スマホと学業成績の関係が明らかに

    スマホと学業成績の関係が明らかに

ピックアップ記事

  1. 片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」
  2. 子供が頭を打った(頭部打撲)時に気をつけること
新着記事 おすすめ記事
  1. 新しい片頭痛治療薬「レイボー」の特徴
  2. 怒りっぽさが目立つ「嗜銀(しぎん)顆粒性認知症」
  3. アメリカの肥満治療事情
  4. フレイルの定義
  5. 若井克子著「東大教授、若年性アルツハイマーになる」を読む
  1. 「運転したい」高齢者VS 「やめてほしい」家族
  2. 子供が頭を打った(頭部打撲)時に気をつけること
  3. 子供のスポーツと脳震盪(のうしんとう)
  4. 片頭痛にめまいが合併する「前庭性片頭痛」
  5. 帯状疱疹と顔面神経麻痺:(ラムゼイハント症候群)
PAGE TOP